Overblog Follow this blog
Administration Create my blog

MANEKINEKO Lucky cat in Gotoku-ji Temple

豪徳寺の招き猫 豪徳寺の招き猫 江戸時代、彦根藩第二代藩主の井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった。そのとき、豪徳寺の門前にうずくまっていた一匹の猫が手を上げて彼らを招いた。そこで、井伊直孝は、しばらく休息したいと寺の和尚に申し出た。和尚は武士たちを寺に入れ、お茶などを差し出して、彼らに三世因果の説法を行った。武士たちはおいに喜び、それ以来、井伊直孝は豪徳寺に帰依し、豪徳寺は井伊家の菩提寺となった。 和尚はこの猫が死ぬと墓を建てて弔った。後世になって、境内に招猫堂が建てられ、猫が片手を挙げている姿をかたどった招福猫児が作られるようになった。豪徳寺には、招猫観音(招福観世音菩薩、招福猫児が眷属)を祀る「招猫殿」がある。招猫殿の横には、願い事がかなった人々が奉納した多くの招福猫児が奉納されている。...

Read more

About this blog

楽しい民芸品