MANEKINEKO Lucky cat in Gotoku-ji Temple

豪徳寺の招き猫 豪徳寺の招き猫 江戸時代、彦根藩第二代藩主の井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかった。そのとき、豪徳寺の門前にうずくまっていた一匹の猫が手を上げて彼らを招いた。そこで、井伊直孝は、しばらく休息したいと寺の和尚に申し出た。和尚は武士たちを寺に入れ、お茶などを差し出して、彼らに三世因果の説法を行った。武士たちはおいに喜び、それ以来、井伊直孝は豪徳寺に帰依し、豪徳寺は井伊家の菩提寺となった。 和尚はこの猫が死ぬと墓を建てて弔った。後世になって、境内に招猫堂が建てられ、猫が片手を挙げている姿をかたどった招福猫児が作られるようになった。豪徳寺には、招猫観音(招福観世音菩薩、招福猫児が眷属)を祀る「招猫殿」がある。招猫殿の横には、願い事がかなった人々が奉納した多くの招福猫児が奉納されている。...

Read more

NARUKO

鳴子 鳴子はよさこい祭りで使用される。 原宿表参道元氣祭スーパーよさこい 「土佐の高知の はりまや橋で 坊さんかんざし 買うを見た よさこい よさこい」のフレーズと鳴子を使用することをルールとした踊り。 元歌は幕末に鋳掛屋お馬の歌として流行した。竹林寺の僧・純信と鋳掛屋お馬の悲恋物語、その舞台となったはりまや橋を題材にした歌。 It is the rule of a dance having thick good point to use a musical instrument called NARUKO...

Read more

Hakoneyosegizaiku Secret box

箱根寄木細工 54回秘密箱 The mountains of Hakone have many kinds of the tree. The geometry pattern which made in combination various kinds of wood is completed in "Hakoneyosegizaiku". The cover of this box open by 54 times of operation. 江戸時代後期に箱根山・畑宿で初めて作られた。箱根...

Read more

Inuhariko(otogiinu,tonoiinu,inubako)

犬張子(御伽犬(おとぎいぬ)、宿直犬(とのいいぬ)、犬筥(いぬばこ)) Dog of the paper Tokyo Japan 2011 Because a dog was productive, the people used the doll of the dog as a lucky charm of the delivery. Photograph judging from the side Front view Top view

Read more

About this blog

楽しい民芸品

Share this blog Facebook Twitter Google+ Pinterest
Follow this blog